美容に悪い洗顔とは?

美容と間違い洗顔とは

トップ >> 美容に悪い洗顔とは?

お肌の美容にいい情報

意外と知らない間違い洗顔

間違った洗顔方法をしている方、特に男性に多いようです。顔を洗い終わってタオルで拭くときに力を入れてこすっていませんか?ポンポンと軽く叩くように水気を拭き取れば充分です。こすることによってたるみを助長することにもなります。顔を洗う時の力加減はどうでしょう?力強く洗ってしまうと必要な皮脂も奪い、美容に良くないシワの原因にもなります。手のひらで洗うのではなく、指の腹で洗いましょう。特に人差し指は力が入りやすいので、中指と薬指の2本だけで洗うようにすると余計な力が入りません。毎日の積み重ねによって美容的な観点から見ても顔が徐々に変化するので、丁寧におこないたいものです。

美容に良くない洗顔とは?

美容は洗顔からといっていい程、実はとっても重要なんです。毎日の洗顔方法が間違っていたら大変なことになりかねません。皮脂の多いTゾーンと頬、こめかみから輪郭にかけてのUゾーン。これらは、それぞれ洗い方が異なります。Tゾーンは皮脂が多いので念入りに洗い、Uゾーンは指の腹を使って優しく洗います。意識的に洗い分けるようにするだけで洗顔後の肌も違ってくるでしょう。また、洗顔料をしっかり泡立てていないで洗顔する方も多いようです。いくら高価な洗顔料を使用しても泡立っていなければ洗顔本来の役割も果たしていません。泡立てが面倒な時には、美容コーナーで売っているネットやスポンジを利用しましょう。